医師

名医にお願いして下肢静脈瘤の悩みをスピーディーに解決しよう

誰でも起きる

聴診器

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれていて、腸の一部が皮膚の下に飛び出てくる疾患です。患者は子供から中高年まで幅広く、放置すると痛みが強くなり飛び出た状態が固定することがあり生活に支障が出ます。手術は飛び出た箇所を、周囲の筋肉をよせて蓋をするバッシーニ法や日帰りもできる人口補強材を使用した方法があります。

もっと読む

免疫を強めてがんを克服

病院

がん免疫療法を行うことで、メスなどによって体を傷つける必要も無く安心して治療を行う事が出来ます。がん以外にも免疫が弱くなる事で発症する病気も多くあり、食生活の改善や適度な運動をする事によって、血行が良くなり免疫を高める事が出来ます。

もっと読む

治療は可能

病室

眠っているときに呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群は、無呼吸の状態が続くことで身体に負担がかかるので疲れがとれなくなります。昼間に強い睡魔に襲われたり慢性の疲労が続くことで仕事や学業に支障が出ます。睡眠時無呼吸症候群にはマスクを着けて空気を送ったり、マウスピースを着ける治療法などがあります。

もっと読む

持病の改善

脚

糖尿病には先天性と後天性がありますが、生活習慣の乱れにより引き起こるのは後天性の糖尿病です。後天性の場合も医療機関を受診して治療を行いますが、進行状態によって様々な方法があります。また他の持病とも相談しながら進めていく必要があるため、長い期間をかけて取り組む事になります。糖尿病と診断されたら服薬治療が始まるため、担当医のもとへ毎月通院して経過観察をします。最初のうちは健康診断や血糖検査が中心になりますが、服薬で追いつかない場合はインシュリン注射が始まります。その中でも自宅で行える有効な治療があり、それは栄養バランスを考えた食事を作ることです。野菜中心の食生活に変え、一日に摂取可能なカロリー量を導き出し管理する方法です。食事管理を毎日継続して行うことで体質改善が促せ、糖尿病の数値が大幅に改善できます。

糖尿病は内分泌科になるため、内科を受診する事になりますが、日頃から異変に気を配る事も大切です。初期症状は分かりにくいものばかりですが、症状が進むと判断しやすくなるからです。喉が渇きやすくなった、体を使って作業をしていると次第に頭がフラフラする時は気をつける必要があります。血糖値が下がっている場合に出る症状であり、直射日光を避けて日陰で休むと良いです。可能であれば飴等の糖分を取って様子見すると良く、すぐに動くと体調を崩す事もあります。運転中にも気をつける症状があり、急に眠くなったり意識が低下した場合は、運転を避けた方が良いです。これらも血糖値の異変により引き起こす症状なので、回復するまで待ちます。

体のトラブルは糖尿病以外にもあります。例えば、下肢静脈瘤と言われる症状です。この病気を改善するためにも治療を行なってくれるクリニックを探すことが大切です。現在では下肢静脈瘤の名医がいるクリニックの情報をネットで簡単に見つけることができるので、技術力が高い名医に依頼して安心して下肢静脈瘤の治療を受けることが可能と言えます。